ヒロ動物病院

ごあいさつ



ようこそ
ヒロ動物病院の
ホームページへ!!

皆さんこんにちは、
ヒロ動物病院院長の小林弘典です。

この度は、ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。当院は開業以来、地域に根ざした頼れるホームドクターを目指し、「アットホームな診察」と「誰にでも分かりやすい説明」を心がけて日々診療しております。
また、飼い主さまに安心して正確な治療を受けていただけるよう、学会やセミナーなどに積極的に参加し、最新の知識、最良の診療技術の習得に努めております。特に、皮膚科診療に力を入れ、2013年度の日本獣医皮膚科学会認定医を目指し、日本大学動物病院にて研修中です。

病気、 予防、 日常の健康管理など、どんな些細なことでも構いませんので、当院までご相談下さい。わかりやすくお答え致します。

●院長から

猫下部尿路疾患のおはなし
猫下部尿路疾患とは主に膀胱から尿道におこるいろいろな原因と症状を含む病気の総称です。
症状の中で一番深刻なのは、尿道が詰まって排尿が全く出来なくなり死にいたることです。
猫下部尿路疾患の予防には、尿結晶や尿石の種類を考慮した長期的な食事管理が重要になります。

1日ドッグのおすすめ
ペットも定期検査をすることで、症状が発症する前に病気を発見・治療することが出来ます。
物が言えない動物達の為にも1年に1度ドッグを受診することをお勧めします。
詳しくは当院までお尋ね下さい。

去勢・避妊手術はお早めに
去勢・避妊手術は将来発病しやすいホルモン性疾患を発症しにくくなります。
体重が増加しやすくなる点を除けば去勢・避妊手術はメリットが多いといえます。
かわいい家族の為病気にならないようある程度の年齢がいく前に考えとくといいでしょう。

フィラリア時・ワクチン(混合注射)時には、初診料・再診料を無料にしております。
まれに、アレルギー反応がみられるため、当院では、午前中の接種をお願いいたしております。お手数おかけしますが、御来院の際はお電話にてご予約をお願いいたします。


ごあいさつ
当院のご案内
院内のご紹介


ヒロ動物病院

神奈川県横浜市泉区上飯田町2081-10

045-806-1255

トップに戻る


(C)ヒロ動物病院, All Rights Reserved.